薬局の薬剤師と薬剤師の将来

薬剤師の将来性については、良い方に振れるという推測よりも
悪くなる方向に振れるという推測のほうが多いようです。

その一つは、薬剤師の活躍する場が少なくなってしまうのではないかということです。

例を挙げると、以前は薬局で薬を販売するのに
資格保持者は薬剤師しかいませんでした。
そのため、薬局では薬剤師を配置させておく必要があり
それが薬剤師の1つのポジションとなっていました。

ところが、薬局とはいえ、一種ニ種の薬を販売するのは割合として少なく
反対に医薬部外品・日常品などの販売がおおいことから、
薬剤師を置かずに販売するところも多くでてきました。

また薬剤師による説明が必要な薬でさえも、無資格者が薬を販売すると
言うような状態であったりもしたのです。

そのような状態でも薬剤師が経営者に進言することなく、
無資格者が販売するような事態が続いたため、国は薬剤師以外でも
薬を販売できる資格を設立しました。

それが登録販売者です。
第一種の薬以外であれば登録販売者が店頭販売できます。
そしてこれにより薬剤師のポジションが一つ減りました。

今、それと同じことが懸念されているのが調剤薬局です。

調剤薬局では本来薬剤師が調剤すべきところが無資格者が調剤しているところがあります。
この状態が続けば、調剤についても調剤補助者などの資格ができる可能性があります。
そうすると薬剤師のポジションはまた減ってしまうのです。

薬剤師としてどんなスキルを磨いておくのか、、、が大事になりますね。
薬剤師ハローワーク等求人なび

薬剤師求人を福島で探すために

福島で求人を探す薬剤師は多いですが、自分の望む求人がなかなか見つからない、という薬剤師もまた多いです。

福島の薬剤師の求人自体はあっても、肝心の「自分の希望する条件にあった求人」となるとそうそう見つからないものです。また、好条件の薬剤師の求人は福島の中でもスポット的に出ることが多いため、タイミングが合わず求人を逃してしまう・・・そういうケースも珍しくありません。

薬剤師は忙しい方が多いです。そのため転職活動に十分な時間を取ることはなかなかできません。求人を探すのをあきらめる薬剤師も多いですが、思い切って転職をしたものの転職後に後悔してしまう薬剤師もいるのです。

しかしその一方で、忙しく仕事をこなしながらも希望通りの転職を遂げる薬剤師もいます。そうした方に多いのが、自分一人だけで転職活動をしようと思わないという考え方です。

自分一人でやれることというのは限られていますから、その中で日々の仕事をこなし転職活動も進めるとなると、手が回らないことが多いのです。転職活動を成功させるための最も重要なポイントは、『一人で転職活動をするのではなく、サポートを受けながら転職活動をすること』。これだけで、好条件の薬剤師求人を福島で見つけ転職できるかどうかは大きく変わってきます。

転職支援サービスを使うメリット

そう言っても「誰に転職サポートしてもらうのか?」と思うかもしれません。転職のサポートをするには、薬剤師の転職事情に詳しく、転職に必要なことを把握している必要がありますからね。

実は、転職に成功した多くの薬剤師が利用しているのが、『薬剤師専門の転職支援サービス』なのです。ネットでよく見かける求人サイトとは違い、転職支援サービスは転職するのに必要な多くのサポートを提供しています。

転職支援サービスの特徴としては、

  • ●薬剤師の事情に詳しいコンサルタントが専任で担当。
  • ●非公開求人も含め多くの求人を扱う。条件の良い福島の薬剤師求人も多数。
  • ●希望を伝えるだけで求人を探して紹介してもらえる。
  • ●求人先との調整ごとや条件交渉を代行。
  • ●面接や履歴書の対策を個々に応じて実施。
  • ●転職後「聞いてた条件と違う」などのフォローも実施。

などがあります。一言で言えば『薬剤師に希望通りの転職をしてもらうために必要なサービスをまとめて提供』ということ。

転職支援サービスは求人先の紹介料により運営されているため、薬剤師は全てのサービスが無料で利用できます。もちろん転職を強要されることもないですし、コンサルタントに仕事やキャリアについての相談だけ行うという使い方もOKです。

相談の内容も、
 「福島でこんな薬剤師の求人を探しているんだけど」
 「将来はこういった業務をしたいと思っているんだけど」
など転職を前提においているものから、
 「何となく、今のままでは将来に不安を感じてしまう」

という漠然とした内容までいろいろんな相談をされる薬剤師がいますね。

福島での薬剤師の求人に関して気になることがあればまずは転職支援サービスのコンサルタントに相談してみることをお勧めします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ